球磨川センチュリーライドという自転車イベントに参加しました。

自転車が好きで、高校時代は片道12kmを自転車で通学していました。
大学時代には四国一周、九州一周、北海道一周、日本縦断と夏休みには必ずどこかに自転車ででかけていました。
社会人になってからも通勤はもっぱら自転車で、東京勤務時代は葛飾から品川の天王洲アイルまで片道20km弱を通っていました。社員旅行の箱根(100km超、後半は山)も自転車で現地合流し、新入社員の不思議な生き物を見るかのような視線が印象に残っています。

しかし、ここ最近は通勤(片道6km)しか自転車に乗っておらず、「自転車が趣味」と言うのがはばかられるような体型(太った)になっておりました。

そんな折、自転車を趣味とするクライアント社長に誘われ、熊本県は八代市の「球磨川センチュリーライド」に参加することに。
センチュリーとは「100」という意味で、コースの距離が100kmということを意味します。(100マイル【160km】のこともあります)
桜はまだまだでしたが、咲き誇る菜の花、道路と併走するSLや球磨川の雄大な風景などが楽しめました。

暫く自転車から遠ざかっていましたが、このイベント参加により「ああ、自分は自転車に乗るのが好きなんだ」ということを思い出しました。やはり一生の趣味だと。
誘ってくれたU社長、ありがとうございます。
久しぶりに100kmもの距離を走り、身体はガタガタですが・・・30歳前後の頃は、一日200km走っても平気だったのになあ。少しずつリハビリしていきます。

参加者は340名、最高齢は84歳!

雄大な球磨川

SLと併走

愛車LOOK675 w/電動アルテグラ