自分はどうなんだ

君が他人の不忠と恩知らずを責めるときに、
なによりもまず自分をかえりみるがよい。

自省録 マルクス・アウレリウス 第九章42

自分は、人を責めるほどの優れた人間ではない。このことを忘れがちだ。
自分には甘く、他人には厳しい。多分、何も考えずに行動すれば自然にそうなるのだと思う。
だってその方がラクだから。

瞬間的に「カッ」となったら、すぐに行動を起こさないように気をつけている。
メールやSNSの返信なんてまさにそうだ。
少し呼吸して、いろんな可能性を考える。相手なりの「ロジック」を、相手が置かれた環境を。
数分考えれば、怒るような話ではない、少なくとも怒るだけに足る情報が不足していて、判断できないということがわかる。

もちろんいつもこの方法が通じるわけではない。本能というかシステム1というか、恐ろしいものだ。
「じゃあお前はどうなんだ」と常に自問自答しながら生きていたい。

関連記事

  1. 豆を一つ選ぶ

    酩酊の原因は?

  2. 思考法その1〜自分に甘く、他人に厳しく(基本的帰属錯誤)

  3. ビジネス、歯車、モデル

    システム思考(1)〜ものごとのつながりに注目する

  4. 深刻な事態でも冗談が言えるように

  5. みんなが私の噂をしている(自己標的バイアス)

  6. 部下に「自分が間違っていた」と言えるか

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)