N効果〜競争相手の数はほどほどが良い

試験会場にいた人の数によって、
試験の成績が影響を受ける可能性があるようだ。

スティーブン・ガルシアとアビシャロム・トーの研究によれば、
米国の大学進学適性試験(SAT)の点数について、会場の受験者数が
多かった地域と少なかった地域を検討した結果、他の要因を考慮したとしても
受験者数が少なかった地域のほうが点数が高かった。
(インタフェースデザインの心理学 164pより)

なぜそのようになるのか?ガルシアは、
ライバルが少なければ勝てる可能性が
高まると皆がそう思い、頑張るからではないかと
いう仮説を立て、「N効果」(NはナンバーのN)と名付けた。

他の実験でもN効果は確かめられている。
面白いのは、大部屋で一斉に競争をさせるケースでも、
それぞれ個室に入って「競争相手は**人」と告げるケースでも
N効果が発生することだ。

競争があることは望ましい、競争によりやる気も出る。
しかし、あまりに競争相手が多ければ、人はやる気を無くしてしまうのかもしれない。

ビジネスにN効果を活かす

ビジネスをする上で、競合が居ない領域というのはあり得ない。
もしそう思うのだとすれば、競合の存在が見えていないか、
誰もその領域に参入しないほど儲からない業界かのどちらかだ。

なるべく競合が少ない領域でビジネスをすれば、
N効果の恩恵を受けられるだろう。

関連記事

  1. 平均のトリック(2)〜中央値(メジアン)

  2. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    やる気ではなく仕組み

  3. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(4)

  4. みんなって誰?エコーチェンバー現象

  5. リンダはどんな人?〜代表性ヒューリスティクスの罠

  6. ブレイン・ダンプ。思考のもろもろを外に出す

最近の記事 おすすめ記事
  1. 数字、数学、パズル

読書記録(ブクログ)