N効果〜競争相手の数はほどほどが良い

試験会場にいた人の数によって、
試験の成績が影響を受ける可能性があるようだ。

スティーブン・ガルシアとアビシャロム・トーの研究によれば、
米国の大学進学適性試験(SAT)の点数について、会場の受験者数が
多かった地域と少なかった地域を検討した結果、他の要因を考慮したとしても
受験者数が少なかった地域のほうが点数が高かった。
(インタフェースデザインの心理学 164pより)

なぜそのようになるのか?ガルシアは、
ライバルが少なければ勝てる可能性が
高まると皆がそう思い、頑張るからではないかと
いう仮説を立て、「N効果」(NはナンバーのN)と名付けた。

他の実験でもN効果は確かめられている。
面白いのは、大部屋で一斉に競争をさせるケースでも、
それぞれ個室に入って「競争相手は**人」と告げるケースでも
N効果が発生することだ。

競争があることは望ましい、競争によりやる気も出る。
しかし、あまりに競争相手が多ければ、人はやる気を無くしてしまうのかもしれない。

ビジネスにN効果を活かす

ビジネスをする上で、競合が居ない領域というのはあり得ない。
もしそう思うのだとすれば、競合の存在が見えていないか、
誰もその領域に参入しないほど儲からない業界かのどちらかだ。

なるべく競合が少ない領域でビジネスをすれば、
N効果の恩恵を受けられるだろう。

関連記事

  1. 間違った道、方向

    昔の自分はダメだった?(変化バイアス)

  2. 意思決定の前に「歪んだ認知」を修正する

  3. 「大幅値下げ」の行動経済学的意味付け(アンカリング効果)

  4. 「ベストを尽くす」のではなく、「競争相手よりうまくやる」を目標に

  5. 「リスクゼロ」なら、それは効果がないということ

  6. サイコロ、ダイス

    それは珍しいケースなのか、それとも

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.22

    Google Pixel 3a XL
  2. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)