輝いているものが選ばれる

人間には明るく、輝いているものを選ぶという傾向があるようだ。

心理学の実験でこういうものがある。
被験者にお菓子の好みを確認した上で、それらお菓子の写真を画面上に短時間表示させ、どの菓子を買いたいかを決めさせる。(ミリツァ・ミロサブリエヴィチ 2012)
この実験で明らかになったのは下記のことだ。

  • パッケージの視覚的な輝きが、被験者の好みよりも重視された
  • 被験者に選ぶまでの時間をより多くかけさせると、輝いているお菓子を選ぶ率が更に高まった

この実験により、人は何かを選択する際、自分の好みよりもむしろその選択肢が輝いている(明るい)かどうかを重視しがちだということだ。
また、選択に時間をかければかけるほど、その傾向が顕著になる。

(続・インタフェースデザインの心理学 スーザン・ウェインシェンク著 61,62pより)

名刺の効果はいかほど

さて、当社の名刺にはホログラム加工を施しており、光を反射してキラキラと輝く仕様となっている。

名刺交換をする際にちょっとした話題のネタになればいいか、と思ってやっているのだけれど、
この輝きのおかげで当社が選択され、仕事の依頼が来ていたのかもしれない・・・・

関連記事

  1. 眠け対策の最終兵器「ノーズミント」

  2. 意見を「ストーリー」という包装紙で包む

  3. 雑音を無くして集中する

  4. じっくり話合う

    ミーティング・会議という名称は大雑把すぎるのでは

  5. ルールを知る

    Google画像検索を資料作成に活用する(再利用が許可された画像)

  6. 機械ではなく人間だから

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)