フロウシンクは座らない

私は、セミナー中は基本立っています。4時間におよぶセミナーでも、です。

4時間といっても、途中に休憩は挟むわけで、そこではさすがに座ります。

主催者から「疲れるでしょう・・椅子を置いてますのでお座りください」と
言われることもしばしばです。その場合は「ありがとうございます。
ただ、講義をしている間は立つと決めているので」とお断りさせていただきます。

人間の体の構造上、立った方が大きな声が出ます。あと、合理的ではないと思いますが、気合いも入ります(笑

体全体を使ってジェスチャーが使える、というのも大きいです。
座ってボソボソ資料を読むだけのセミナーなら、セミナー資料をメールで送って受講者に読んでもらえばいいんです。

平日昼間の貴重な時間を割いて集まってもらうわけです。移動時間もかかります。
セミナーでしかできない学びを提供したい、そのためには自分のもってる道具全てを使わなければならない。

声もジェスチャーも自分が使える道具です。座ってるのはもったいないです。

他に気をつけているのは、以下の項目です。

  • 資料は必ず自分で作成する。
  • パソコンは持ち込む。用意してもらったものだと、フォントのズレとか故障とか設定のずれとかでトラブルになるので。
  • プレゼンターリモコンも必ず持参

スクリーンショット 2016-03-04 07.32.01

というわけで、本日のセミナーも演台ではなくスクリーンの前で、リモコンとマイクを持って腕を回しながらセミナーをします。
ま、もう40過ぎなので普通に疲れるのですが・・・・・

関連記事

  1. 法人税はビジネスへの入場料

  2. 休暇

    3月22日は当社公休日です

  3. 2018年最終出勤日

  4. バックアップ、プランB

    怪我をした際のシミュレーション

  5. 2017年もよろしくお願いします

  6. 桜の季節

最近の記事

  1. 2019.11.12

    冬に向けて
  2. 2019.11.11

    攻撃への対応
  3. お金を稼ぐ
  4. 好成績
  5. 旅行、出張

カテゴリー

読書記録(ブクログ)