【2020ものづくり補助金】多数の事前申込をいただいています。

3月公募開始予定の「ものづくり補助金」、
公募前で詳細がわからない時期であるにも関わらず、既に多数の申込をいただいております。

当社は10名ほどで運営している小さな企業でして、依頼を請けることのできる数に限りがあります。
昨年の時点で、既に当社が想定している受注数の約半分の事前申込をいただいています。

今年、制度の大幅な変更が行われるであろう「ものづくり補助金」。
変更内容を短期間で理解し、最適な戦略をつくり短い期間で実行するには、
経験豊富かつ「チーム」として仕事ができる当社は2020年における最適な選択肢であると自負しています。

ルールを知る

もし当社への依頼を検討されている企業がいらっしゃいましたら、早めのお申込みをお願い致します。
このペースで行けば、公募が始まった後にご依頼をいただいていも、お断りさせていただくことになるかもしれません。

もっとたくさんの受注を請け、クライアントの皆様の期待に応えたいのですが・・・・それには内部体制が追いついておらず、忸怩たる思いです。

関連記事

  1. ものづくり補助金で広告宣伝費が使えるように

  2. H31「ものづくり・商業・サービス高度連携促進補助金」の採択結果と、二…

  3. 「経営力向上計画」と「先端設備等導入計画」の比較表

  4. 2019ものづくり補助金、公募開始はいつ?昨年のスケジュールから予想す…

  5. 2020年(R1補正)もの補助チラシより〜(1)3つの要件。賃金が重視…

  6. 2019もの補助二次募集(H30補正予算)解説〜(4)加点の種類

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)