行動のハードルが高くなっている

若かった時の趣味が、楽しみにくくなってきている。
ならば新しい趣味でも作るか・・・と思うけれど、それもままならない。
体力が落ちたせいか、はたまた刺激に慣れたのか、それとも、好奇心がなくなったのか。

最近は、少しだけ強制的に自分を動かしている。だるい気持ちに鞭打って、趣味へ出かけていく。
自然に任せていると、何もしない、できない人間になってしまいそうだ。
幸いにして、やる前はだるかった趣味も、いざやってしまえばやはりまだ楽しく、「行ってよかったな」と思うことばかりだ。

加齢によって最初の、行動のハードルが高くなっている。
でも、ハードルを超えた後の世界はあまり変わらないと思う。
なるべくハードルを超えよう。ちょっとしんどいけれど。

関連記事

  1. 自由と平等のユートピア

  2. 「別のコースを歩んだ自分」のカリカチュア

  3. リスクをゼロにするなら

  4. 自分はどうなのか

  5. その業を引き受けて

  6. 下戸の言い訳

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)