意思の力は、実行能力が不足しているときにだけ必要となる

意思の力が強ければ、何ごとも達成できるだろうか?

「意思の力は。実行能力が不足しているときにだけ必要となる」
有能であればあるほど、意思の力は要らなくなる。
「自分ならできる」と自分自身に言い聞かせなくてよくなるからだ。

自意識と創り出す思考 ーロバート・フリッツ著より

この引用にある通り、何かの行動を行うときに
意思の力を動員しなければならないということは、
自分の実行能力が不足している証拠だ。

自分がその行動を問題なく遂行できる能力があるのであれば、
「意思の力」のような不確実なものに頼る必要はなくなる。

「自分が意思の力が弱い」と嘆く暇があったら、
スキルを磨いて実行能力を高める工夫をした方がよい。

関連記事

  1. 強い信念だけでは

  2. 6/2〜6/7 臨時休業のお知らせ

  3. 人生はずっとベータ版

  4. お金は人を変えてしまう

  5. 曲がりくねった道

    しつこく考え、問い続けること。

  6. 出張、旅行

    カバンくらい自分で持てます

最近の記事 おすすめ記事
  1. 幽霊、おばけ、モノクロ
  2. 出張、旅行
  3. 2019.06.21

    結論ありきで

読書記録(ブクログ)