探し物はなんですか

いつだって探しているものは見つからない。
でも、必ず別の何かが見つかるというのが
探し物の利点だ。

アーヴィン・ウェルシュ

私の机は散らかっている。乱雑に本や道具が積まれている。仕事に関係あるものも、そうでないものも一緒くただ。
(写真はとても見せられない)

社員の机は綺麗に整頓されているので、当社内において混沌に飲み込まれているのは私の机だけだ。
仕事を依頼してくれる皆様、ご安心ください。

では、私がそれを自分の「弱み」だと考えて、なんとか改善したいと日々悩んでいるかいるかというと、そんなことはない。
仕事上とくに困ってないからだ。仕事のデータは大体PCに(きちんと整理されて)入っている。
時々、ふと思い立って机を綺麗に片付けることがあるが、なんか落ち着かない。仕事の効率も落ちるような気がする。
何より、楽しくない。

冒頭の引用にあるように、探し物が見つからないことはあるが、代わりに何か、関係のないものが見つかる。
そこから何かのアイデアが生まれたり、忘れていた出来事を思い出したりする。偶然の出会いがある。
私はそれを期待して、敢えて机の上を乱雑にしているのだ!と、周囲に言っても「ズボラなだけでしょ」と返されるのだが。

関連記事

  1. 2023福岡モビリティショー

  2. ストーリーボードを作ろう

  3. 初期条件でのささいな違い(プラスのフィードバック)

  4. 座右の書はあるか?

  5. 「がんばるタイム」制度の導入。クライアントの利益になるから

  6. リスキリングと副業人材

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)