マジックナンバー7は都市伝説

数字、数学、パズル

「人は一度に記憶できるのは7つまでで、
個人差はせいぜいプラスマイナス2程度だ。
なので、箇条書きは7つ以上にならないよう気をつけよう。」

これは「マジックナンバー7」と呼ばれている。
この「7±2」という数字は、
ジョージ・A・ミラーが1956年に発表した論文が根拠であり、
いろいろな書籍でも引用されているし、
私もそうだと信じていた。

最新の論文によれば、せいぜい4つが限界

ところが、この数字は最新の研究によれば否定されている。
ミラーの論文を精査すると、
そこにかかれた7±2という数字は、
研究に基づいたものではなく、
単にアイデアを講演で述べただけのものだったのだ。

つまり、7という数字に根拠はなく、都市伝説と何ら変わりない。
(「インターフェースデザインの心理学 20pより)

最新の研究([Baddeley 1986][Cowan 2001])によれば、
マジックナンバーは「4」というのが正解なようだ。

昔から言われて、誰もが無条件に信じていることが
実はまちがいだったということはままある。

以前書いたが、ダーウィンが言ったと
いわれる有名な言葉も別人のものだし、
メラビアンの法則についても
間違って使っている人が多い。

これからは箇条書きや構造化の際には、
項目が4つより多くならないよう意識しよう。
5つになるのなら、グルーピングする、ということ。

関連記事

  1. 業務フロー

    2019ものづくり補助金 詳細解説(4)〜 一般型と小規模型、どちらに…

  2. 2.5プレイスとしての職場

  3. 見方によっては

  4. 疑問を解決する、壊す

    新しいテクノロジーを使いこなすものは、ゲームを有利に進めることができる…

  5. 統計の嘘を見破る5つの鍵

  6. パクるのではない。倣う。そしてオリジナルへ

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)