病気になって考える、自営業のリスク管理

病気、風邪、寝込む

風邪を引きました。

年末くらいからずっと大きな仕事が入っており、それをやりきるために少々無理をしすぎたようです。
仕事が終わり安心した途端にいきなり高熱が。

自営業のリスク管理

大抵の自営業、中小企業には「代わりの人間」はいません。
当社にも社員は居ますが、私の代わりの仕事ができるというわけではないですし。

今回は2日程度で回復したので良かったです。これがインフルエンザだったらと思うとぞっとします。

以前、リスク管理の手法についてこのブログで紹介しました。

自営業の体調リスク管理に当てはめると、こんなところでしょうか。

  • 移転:たとえばセミナー講師を誰かに変わってもらうなどでしょうか。以前、他の診断士のピンチヒッターを務めたことがあります。困った時に頼れる同業者のネットワークは維持しておきたい。
  • 保有:体調を崩す可能性を念頭において、それでも仕事のスケジュールが崩れないような余裕のある体制を取る。(それができれば苦労はしないですが)
  • 低減:手洗い、うがい、加湿器や空気清浄機の活用。
  • 回避:人混みを避けて行動する。

ここ数ヶ月、スケジュールを詰め込みすぎていたように思います。
本年は仕事の仕方を見直したいですね。

関連記事

  1. マイナス感情に取り込まれないように

  2. お金を出しているのは社長ではありません

  3. 古巣の倒産に思う

  4. 2020年夏期休暇のお知らせ(8/13,14)

  5. 先生と呼ばれて、はじめて嬉しいと思った話

  6. サイトリニューアル/ブログ始めました。

最近の記事

  1. 2021.05.17

    ブログ再開
  2. 2021.03.26

    人に会う
  3. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)