物理キーボードの愉悦。BlackberryKEYOne

IT系の仕事もわずかながら行っている。ちょっとしたWeb系のシステム開発だったり、既存のWebサービスの活用コンサルみたいな仕事。

業務の絡みで、試験用のアンドロイド端末が必要となった。
せっかくなので格安端末でお茶をにごさずに、高性能機であるBlackberry KEYOneを購入した。

この端末の特徴は物理的なキーボードを備えていることだ。メールや原稿書きなど、テキスト入力がはかどる。画面上のバーチャルキーボードよりも効率的だ。
#フリック入力はもともと使っていない。文字入力方式を複数マスターして切り替えるのが面倒くさいからだ。

OSも最新のAndroid7.1で、スピードも速いしマルチウィンドウなどの新機能も充実している。iPhoneやiPadなどのiOS系と併用すると、その設計思想の違いがいい刺激になる。

電車・バスでの移動中、満席で座れないときなどポメラ(テキスト入力専用機、常に携帯)が使えないシチュエーションでも、この端末があれば文章作成がはかどりそうだ。

関連記事

  1. コンセント付きモバイルバッテリー

  2. 撮影、カメラ、草原

    iPhoneXの交換レンズ兼ケース、Shiftcam2.0

  3. Apple Watch Series 5

  4. 自立式ホワイトボード(可搬性あり)

  5. Magsafeの復活。Snapnator

  6. 立ったり座ったり

最近の記事

  1. 2019.11.12

    冬に向けて
  2. 2019.11.11

    攻撃への対応
  3. お金を稼ぐ
  4. 好成績
  5. 旅行、出張

カテゴリー

読書記録(ブクログ)