物理キーボードの愉悦。BlackberryKEYOne

IT系の仕事もわずかながら行っている。ちょっとしたWeb系のシステム開発だったり、既存のWebサービスの活用コンサルみたいな仕事。

業務の絡みで、試験用のアンドロイド端末が必要となった。
せっかくなので格安端末でお茶をにごさずに、高性能機であるBlackberry KEYOneを購入した。

この端末の特徴は物理的なキーボードを備えていることだ。メールや原稿書きなど、テキスト入力がはかどる。画面上のバーチャルキーボードよりも効率的だ。
#フリック入力はもともと使っていない。文字入力方式を複数マスターして切り替えるのが面倒くさいからだ。

OSも最新のAndroid7.1で、スピードも速いしマルチウィンドウなどの新機能も充実している。iPhoneやiPadなどのiOS系と併用すると、その設計思想の違いがいい刺激になる。

電車・バスでの移動中、満席で座れないときなどポメラ(テキスト入力専用機、常に携帯)が使えないシチュエーションでも、この端末があれば文章作成がはかどりそうだ。

関連記事

  1. 5種類のアロマを気分に合わせて、どこにいても(Sony Aromast…

  2. 持ち運びマシンを変更

  3. ビジネス、歯車、モデル

    AppleWatchで空港改札通過。ワンアクション少ないという利便性

  4. スマホの動画手ぶれ補正、 “osmo mobileR…

  5. 異空間の演出、エア盆栽

  6. 画鋲のいらない掲示板「ラッケージ」

最近の記事 おすすめ記事
  1. 2019.05.21

    因果応報

読書記録(ブクログ)