「戦略策定ができます」の無意味

中小企業診断士あるあるだと(個人的には)思っているのだけれど、
事業分野に「経営戦略策定」と記載しがちだ。
私もそうしている。

同業者のプロフィールを見ると、これまた判を押したように(脱ハンコによりこの表現もいずれ消えるのだろうか)、そう書いてある。

中小企業診断士として独立してもう10年以上経つけれど、
我が社の経営戦略を策定してくれという依頼を受けたことは一回もない。

ほとんどの中小企業はもっと短期的・具体的な悩みを抱えている。
販売だったり資金繰りだったり、従業員の問題だったり社内システムの問題だったり。
戦略ではなく戦術レベルで悩んでいるのだ。まずは目の前の具体的な課題を解決しないと、戦略なんて抽象的なことを考える余裕はない。

皆が「戦略策定」ができるのならば(本当に顧客が満足いくレベルで策定できるかは別として)、差別化要素ではないのに、つい書いてしまうのは、抽象的でなんとでも解釈できるからだろうか?
私もなんだかんだ言って、名刺の裏にはずっと「経営戦略策定」と書き続けている。

関連記事

  1. 初期条件でのささいな違い(プラスのフィードバック)

  2. 成果を出せなかったのに引き続き依頼をいただける幸せ

  3. デジタルで伝える

    議論の前に確認しておきたいこと

  4. 制約理論(TOC)を意識した仕事の効率化(1)

  5. 鹿児島・宮崎出張。遠隔地から仕事をいただける理由

  6. 福岡県中央会の会報、新年号に祝賀広告を出稿しました

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)