更新のないウェブサイト

同業者のウェブサイトを眺めることがある。
自分の参考にしたいからだ。

ときおり、更新のまったくないサイトを見かける。
セミナー開催のお知らせが5年前で止まっていたり、
新着情報が「ウェブサイト開設しました」や「夏期休暇と年末年始休暇のお知らせ」だけだったり。
ひどいものになると、半年以上「メンテナンス中です」という文字だけが表示されているような会社もある。

顧客はどう思うか

彼らは現実社会ではとても有能な経営コンサルタントで、仕事の依頼も多いのかもしれない。
たとえそうだとしても、自分の顧客や、これから顧客になる可能性のある人がそのウェブサイトを見たらどう思うだろうか?

この人は仕事がないのではと疑念を持たれないか?
更新するネタがない、意欲も低いと誤解されないか?
自分のマーケティングすらできていないと嘆息されないか?

そんな人にコンサルティングをしてもらいたいと思うだろうか?

忙しくて更新できないのなら、そもそも新着情報やお知らせのページを設けるべきではない。すぐに削除した方がよい。
会社パンフレットのような静的なサイトの方がまだましだと思う。

関連記事

  1. 植物の成長

    なぜ今なのか、なぜあなたなのか

  2. 九州経済産業局「事業化支援専門家一覧」に掲載されました。

  3. 2016帝国データバンク会社年鑑に広告を出稿しました。

  4. もう一段、深く

  5. お金を稼ぐ

    コンサルタントは「同伴者」ではない。

  6. 天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日

カテゴリー

読書記録(ブクログ)