副作用は遅れてやってくる

何かを変える、効果が出る。変えてよかった。このまま続けよう。

気をつけよう。副作用は忘れた頃にやってくる。

従業員を解雇すればコスト削減になる、業務もなんとか回っているようだ。
しかし、残った従業員の不満はたまり、いつか爆発するだろう。会社への信頼も失われている。
仕事の質だって落ちているかもしれない。

確かに、一時的に利益は出た。けれど、中長期的に見た会社の繁栄を犠牲にしたものではないだろうか。

「メリットしかない」ようなことは世の中にはほとんどない。
善良な人を守るために何らかの処置をすれば、必ずそれを悪用する人たちが出てくる。

どんなことにも、何らかの副作用がある。
それらは遅れてやってくるために、その関係性が見えにくくなっているだけだ。

関連記事

  1. テレビ出演(TNCフレッシュふくおか県 動画あり)

  2. 顧客の希望と欲望は違う

  3. 希望線。ユーザーの望む道筋を見極める

  4. 天国へ行く最も有効な方法は、地獄へ行く道を熟知することである

  5. 足かせ

    自責と他責。どちらかではなく、冷静な分析を

  6. 顧客は何を「求めていない」のか。彫刻を削り出す。

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)