「悪」のイメージ

江戸時代に書かれた絵だそうだ。

いわゆる「悪玉」の語源らしい。

顔に「善」の文字が書かれた「善玉」と「悪玉」が
人間の頭のなかで戦っているイメージ。
このキャラクターは江戸時代に大流行したようで
葛飾北斎が書いたものも残っている。

完全な善人も、完全な悪人もいなくて、
その時々において善と悪の
どちらが強く出るか、それだけなのだと思う。

関連記事

  1. 緑の効果

  2. パート・アルバイト募集のお知らせ

  3. 旅行、出張

    さようなら、BLDG64

  4. 土日の更新はお休みします

  5. 2017年もよろしくお願いします

  6. 時間の使い方

最近の記事

  1. 2021.02.17

    スペック厨

カテゴリー

読書記録(ブクログ)