「悪」のイメージ

江戸時代に書かれた絵だそうだ。

いわゆる「悪玉」の語源らしい。

顔に「善」の文字が書かれた「善玉」と「悪玉」が
人間の頭のなかで戦っているイメージ。
このキャラクターは江戸時代に大流行したようで
葛飾北斎が書いたものも残っている。

完全な善人も、完全な悪人もいなくて、
その時々において善と悪の
どちらが強く出るか、それだけなのだと思う。

関連記事

  1. フロウシンクは座らない

  2. 今期もあと1ヶ月

  3. 事務所を持つこと

  4. ゴールデンウィーク休暇のお知らせ

  5. 別れ、さようなら、霊体、天国

    いつかお墓に入るまで

  6. 病気、風邪、寝込む

    風邪でダウン。組織力のメリット

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. 休暇
  3. 2019.07.15

    まずは寝よう

読書記録(ブクログ)