事務所を持つこと

今の事務所を借りて、もう1年半以上になる。

入居した時は壁も床の真っ白で、何もない状態だった。
(オーナーの許可を得て)壁にホワイトボード塗料を塗り、ストーブで暖を取りながら事務所の家具をすこしずつ揃えていった。仕事もしながらだったので少しずつ、3ヶ月くらいかけて、やっと今の形に落ち着いた。

入居当時の事務所、壁の塗装作業中。

入居当時の事務所、壁の塗装作業中。

資本金はほぼ事務所設備で使い果たしてしまった。

あれから1年半が経ち、事務所のレイアウト等も少しずつ見直しながら今にいたる。
当初購入したもので、結局処分してしまったものある。勿体ないけれど、事務所の快適さを維持するためには仕方がない。

現在の事務所

現在の事務所

従業員も増えた(ノマドワーカーならそもそも当社に就職してくれなかっただろう)、クライアントに来ていただけるようになった。

私は独立当初は事務所を持たない、いわゆるノマドワーカーだった。
通勤も要らない、好きな場所で仕事ができると考えてそうしていたのだが、いざ自分が事務所を持ってみれば、それは単に家賃を払う余裕がないことの言い訳だったことがわかった。

通勤は自転車を使えばいい運動の機会になるし、電車で移動すれば読書ができる。
人よりも早く動けば、満員電車や渋滞に悩まされることもない。

事務所には自分の生産性を高めるいろいろな設備が置ける(カフェで仕事をすると、制限だらけだ)。
#以前、人の事務所を間借りしていた時期があったが、自分の好きな環境にできないので不満が溜まってしまい退去、ノマドワーカーに戻った。

気分転換がしたければ、カフェにでも何でもいけばいい。

今の環境にとても満足している。ノマドワーカーにはきっと戻れないだろう。

関連記事

  1. 中小企業診断士を雇用する準備

  2. 新年、お祝い、鶴、扇、富士山

    2016-2017年末年始休暇のお知らせ(12/29-1/4)

  3. ブログ毎日更新、1年達成

  4. 夏期休暇のお知らせ(8/11〜15)

  5. 価値の尺度は変わる

  6. 休暇

    3月22日は当社公休日です

最近の記事 おすすめ記事
  1. 上昇するイメージ

読書記録(ブクログ)