前向きな企業との出会い

補助金の支援を行うことの副次的効果として、前向きな企業に出会える、というのがある。

補助金が出るとはいえ、そのほとんどは一部負担だ。
たとえば1,500万円の投資をするとして、補助率3分の2の補助金であれば1,000万円が補助。あとの500万円は企業が負担することになる。

つまり、補助金事業で当社に依頼が来る企業は、投資を行おうとしてる前向きな企業ということになる。この投資により企業がどう変わるか、何ができるようになるか、社長も担当者も熱く語ってくれる。

業績は様々だ、良いところも悪いところもある。
ただ、すくなくともリスクを取って、お金を使って未来への投資を検討している企業だ。

そんな企業のチャレンジを当社が支援していることを嬉しく思う。

関連記事

  1. 2019もの補助 結果分析(2)〜 福岡県採択企業の1割強は当社支援先…

  2. 2018ものづくり補助金二次公募 解説その4〜 事業類型(1)企業間デ…

  3. 「採択率」を声高に主張しない理由

  4. 令和2年のものづくり補助金は?概算要求から読み解く

  5. 2019もの補助二次募集(H30補正予算)解説〜(4)加点の種類

  6. 好成績

    2018(H29補正)ものづくり補助金二次採択発表。当社支援先は11社…

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)