資料調査の効率化を。マーケティング・データベース

事業計画・補助金の申請書、市場調査や提案資料の作成など。
経営コンサルタント(中小企業診断士)の仕事では、
バックデータを作るための資料調査が必要になります。

インターネットが出来て、調査の手間は格段に減りました。
ただ、ネットには載っていない情報もたくさんある。
数十万円する業界レポートであったり、月刊誌のバックナンバーだったり。

ネットの情報は誰でもアクセスできます。クライアントでも。
ネットに載っていない情報こそ価値が高い。

調査の方法

福岡には経済図書館「ビズコリ」があります。
当社も法人会員となって活用しています。

しかし、最近は業務が忙しくなり、
調査に時間を割くのが難しくなってきました。

かといって専門のリサーチャー(調査員)を雇うほどの余裕はない。

そこで、日本能率協会総合研究所のサービス、
「マーケティング・データベース(MDB)」を契約しました。

このサービスは「**の市場規模について知りたい」といった
曖昧なリクエストに対して、専門のリサーチャーが所蔵する大量の
書籍から関連事項を調べて、どの本のどのページに関連情報が記載されているか、
そのインデックスを作成し報告してくれるというものです。

東京と大阪にあるライブラリに行けば、該当する資料が閲覧できます。
別途費用を払えば印刷>郵送も行っているので、
福岡にある当社はそちらを利用することになると思います。

費用はそれなりにかかりますが、
調査の手間が格段に減るのと、
自分が認識していなかった情報に
アクセスできることを期待しています。

何より、バックデータが増えることで、
より精度の高いコンサルティングを
顧客に提供できるというのが一番の利点です。

利益を再投資する

経営コンサルタント(中小企業診断士)というのは、
仕入がなく、利益率が高い商売です。

その利益を社長の私的なものに使うのではなく、
高価でも有益な情報を購入したり、
知識を拡充するためにセミナーに参加したり、
効率化のための各種サービスに資金を投資する。

長い目で見れば、それが生き残りの秘訣だと思っています。

#そのおかげで?あと少しで起業して10年目を迎えることができそうです。

関連記事

  1. 勝つための算段をしているか?

  2. 中小企業白書2018を読む(2)〜経常利益の要因分解

  3. 経営コンサルタントにとっての「設備投資」

  4. Everything in its right place.

  5. シンプルなままにしよう

    ちょっとした味付け(名刺のホログラム処理)

  6. 業務フロー

    図解の活用(3)

最近の記事 おすすめ記事
  1. ディスコミュニケーション
  2. 幽霊、おばけ、モノクロ
  3. 出張、旅行
  4. 2019.06.21

    結論ありきで

読書記録(ブクログ)