11月14日夕刻、いよいよ、H28二次補正(2017年)ものづくり補助金の公募が始まりました。

■中小企業庁HP
中小企業庁:平成28年度第2次補正予算「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募を開始します

■当社所在地である福岡県の事務局(福岡県中小企業団体中央会)のHP
http://www.chuokai-fukuoka.or.jp/filedb/201611/mono2017.html

スケジュール

公募要領の内容からスケジュールに関する箇所を抜き出し、表にしました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-15-07-14-46

締め切り

2017年1月17日(火)【当日消印有効】です。なお、二次募集は予定していないとのこと。
#前回と同様、予算が余れば小規模な二次募集が実施される可能性がありますが、あまり期待しない方がいいでしょう。

採択(合格)発表

2017年3月中を予定しているそうです。

事業期間

採択後、交付決定手続と言われる事務処理を行います。その後各企業に「交付決定通知」が届きます。
その通知に書かれた日付以降に経費を使う(発注する)必要があります。交付決定にかかる期間は企業が手続を迅速に行うか、事務局の混雑状況などによりまちまちなのですが、ざっくりと5月中くらいには交付決定通知が各社に届くかと思います。

それから、12月29日(金)まで(小規模型は11月30日(木)まで)に、発注・納品・検収・支払までを済ませる必要があります。
納期の長い機械を購入しようと考えている方は、メーカーと予め相談しておいた方がいいでしょう。

事業報告

事業終了後30日以内に報告書を提出します。(事業期間は最長12/29ですが、短くすることも可能)
その後事務局の処理を経て、おそらく2018年3月末までには補助金が入金されると思われます。

今回も締切りや事業期間についていろいろな噂が飛び交いましたが(笑)、公募開始時期(当社は10月末を予想していた)を除き、ほぼ当社予想通りの結果になりましたね。

事業類型の選択方法、補助額を2倍、3倍にするための手続や経費毎の留意事項など、分析ができ次第順次このブログにアップします。