散歩

あなたが不機嫌なら散歩に出かけなさい。
それでもまだ不機嫌なら、もう一度散歩に出かけなさい。

ヒポクラテス

古代ギリシャの医者は感覚で言ったのだろうが、
現在では散歩の効果は科学的にも解明されている。

私も仕事が行き詰まった時は散歩に出かけていた。
経営者なので、時間に縛られた仕事はしていない。日中どう動こうが自分の自由だ。
(もちろん、成果を出していることが前提だ。売上が立ってなかったら、散歩どころではない)

前の事務所では近くに大きな公園、反対側には港があったので、気分に合わせてコースを変えていた。
港のベンチで今の自分の状況を整理したこともあった。公園の大きな木の下で落ち込んだこともあった。

新しい事務所に移ってからは、近くに大きな公園もなければ、海も見えない。
神社があるので、毎日朝夕に参拝するようにはしているが。

新しい散歩コースはまだ見つかっていない。不機嫌になったらどうしよう?

関連記事

  1. 「なぜ」ではなく「どうしたら」

  2. 誤字脱字のデメリット(損失回避)

  3. アイデアの出し方〜「古典:アイデアのつくり方」より

  4. 空間恐怖(ホラー・ヴァキュイ)

  5. 時間、歯車

    時間軸をずらして考えてみる

  6. 思考法その2〜ウチの会社は特殊(内部集団の過剰評価)

最近の記事

  1. 2023.02.01

    東京でも7位

カテゴリー

読書記録(ブクログ)