選択肢はそれだけ?

目の前に二つの選択肢があるのなら、たいてい三つ目もあるものだ。

オーストリアのことわざらしい。昔の自分のメモから見つけた。出典は不明。
確かにそうだよなと思う。
そして、その三つ目の選択肢こそが最良であったりする。

誰かから相談を受けたとする。最初はAかBどちらかかなと考える。
でもそこで立ち止まって、さらに深く考える。そもそも何がやりたいのか、AやBでは将来問題が発生しないか。短期的に見たらどうか、長期的に見たらどうか。

そうするとふと三つ目の案が浮かぶことがある。その案「C」は、AやBよりもメリットがあり、デメリットが少ないものだったりする。

二つしかない、どちらかにしなければではなく、三つ目の案を探してみよう。意外にすぐに見つかるかもしれない。

関連記事

  1. 数字、数学、パズル

    暗数。「見える化」で、未だ見えない部分を意識する

  2. 氷山の下

    目に見えるもの、見えないもの

  3. 自分の代役は何をするだろうか?

  4. 「悩む」と「考える」は違う

  5. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(3)

  6. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(1)

最近の記事

  1. 2022.11.30

    思えば遠くに
  2. 2022.11.29

    暗黙の信頼
  3. 2022.11.22

    今期が終わる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)