みんなが私の噂をしている(自己標的バイアス)

少し離れた場所で、二人がひそひそ話をしている。
もしかして、自分の悪口を言っているのではないか・・・・・

いつも周囲の人間が自分についての噂(特に、批判・悪口)をしていると「過剰に」思いこむことを、「自己標的バイアス」と言うそうだ。

もしかしたら本当に自分の悪口を言われているのかもしれない。
でも、その確率はどれほどだろうか?自分はそれほど重要な人物だろうか?
芸能人ならいざ知らず、ほとんどの人はそうではないのではないだろうか。

嫉妬されてると主張する方々

同業者から嫉妬されているとか、陰口を言われている、足を引っ張られているとやたら主張する人間が居る。
そういう人に限って、嫉妬されるほどの成果を出しているのか疑問だったりもする。

被害妄想もほどほどにしなければ、「自分が成功していないのは同業者の嫉妬のせいだ」などという、
謎理論で自分を擁護する、あまり好ましくないキャラクターとして周囲から見られることになるだろう。

関連記事

  1. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    システム思考(3)〜ループ図(その2)

  2. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  3. してみて、良きにつくべし

  4. 仕事がつまらないとき(有能感、自律性、関係性)

  5. 疑問を解決する、壊す

    なぜうまくいっていないか

  6. 「大幅値下げ」の行動経済学的意味付け(アンカリング効果)

最近の記事

  1. 2020.05.30

    トリアージ
  2. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)