みんなが私の噂をしている(自己標的バイアス)

少し離れた場所で、二人がひそひそ話をしている。
もしかして、自分の悪口を言っているのではないか・・・・・

いつも周囲の人間が自分についての噂(特に、批判・悪口)をしていると「過剰に」思いこむことを、「自己標的バイアス」と言うそうだ。

もしかしたら本当に自分の悪口を言われているのかもしれない。
でも、その確率はどれほどだろうか?自分はそれほど重要な人物だろうか?
芸能人ならいざ知らず、ほとんどの人はそうではないのではないだろうか。

嫉妬されてると主張する方々

同業者から嫉妬されているとか、陰口を言われている、足を引っ張られているとやたら主張する人間が居る。
そういう人に限って、嫉妬されるほどの成果を出しているのか疑問だったりもする。

被害妄想もほどほどにしなければ、「自分が成功していないのは同業者の嫉妬のせいだ」などという、
謎理論で自分を擁護する、あまり好ましくないキャラクターとして周囲から見られることになるだろう。

関連記事

  1. 仮面で握手

    インポスター症候群(自分は詐欺師なのではないか)

  2. 楽観主義を抑える方法(死亡前死因分析)

  3. 豆を一つ選ぶ

    そのサンプルは適切か?(チェリーピッキング)

  4. アンカーポイントの「打ち方」

  5. それはもう試して、ダメだったんだ

  6. アイムソーリー法。「謝ったら負け」の非効率

最近の記事

  1. 2021.05.17

    ブログ再開
  2. 2021.03.26

    人に会う
  3. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)