みんなが私の噂をしている(自己標的バイアス)

少し離れた場所で、二人がひそひそ話をしている。
もしかして、自分の悪口を言っているのではないか・・・・・

いつも周囲の人間が自分についての噂(特に、批判・悪口)をしていると「過剰に」思いこむことを、「自己標的バイアス」と言うそうだ。

もしかしたら本当に自分の悪口を言われているのかもしれない。
でも、その確率はどれほどだろうか?自分はそれほど重要な人物だろうか?
芸能人ならいざ知らず、ほとんどの人はそうではないのではないだろうか。

嫉妬されてると主張する方々

同業者から嫉妬されているとか、陰口を言われている、足を引っ張られているとやたら主張する人間が居る。
そういう人に限って、嫉妬されるほどの成果を出しているのか疑問だったりもする。

被害妄想もほどほどにしなければ、「自分が成功していないのは同業者の嫉妬のせいだ」などという、
謎理論で自分を擁護する、あまり好ましくないキャラクターとして周囲から見られることになるだろう。

関連記事

  1. かたつむり

    カエルは茹でたら普通に逃げる

  2. 自分「さえも」客観的に見ることができるか

  3. それが日常になれば、そのおかしさに無自覚になる

  4. 間違った道、方向

    「あいつはおかしい」〜愚かしい人バイアス

  5. 偏った解釈をしていることに自覚的であれ

  6. 創造力とは才能ではない

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)