PCは壊れていなくても買い換える(リスク回避)

パソコン(Mac)を買い換えました。
基本、1年〜1年半に一回は買い換えています。壊れていなくても、です。

リスク回避のため

仕事柄、パソコンが壊れると何もできなくなります。
普段からデスクトップとノートを併用しており、仮にパソコンが壊れてもその足でアップルストア福岡天神に行き、1日以内にもとの環境を戻せるようバックアップは入念に行っています。

パソコンが壊れれば話は簡単なのです。修理するか、買い換えればいいのですから。
問題は、「なんだか調子が悪い」という状態。勝手に電源が切れる、データが一部消える、動きが遅いなど、小さな使い勝手の悪さがストレスになる。

本来は4年は使えるパソコンを1年半で買い換えるのはコストアップ要因にはなります。しかし、パソコンが業務の生命線ですから、そこにお金をかけるのは経営コンサルタントとしては当たり前でしょう。(他にコストあまりかからない商売ですし)

弘法は筆を選ばず、といいます。私は弘法大師のような天才ではないので、筆を選ばないといい仕事はできません。

img_5964

関連記事

  1. 「目的」と「手段」

  2. 「改革が足りない」というマジックワード

  3. 壊れていないのなら直すな

  4. One more “think”

  5. インプットとアウトプット、その間にあるもの

  6. 具体化と抽象化の繰り返し

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)