橋のデザインではなく、河の渡り方を考えろ

目的を見失ってはいけない。

橋のデザインではなく、河の渡り方を考えろ

という警句があるそうだ。出典はわからない。

河を渡るために橋をかけようと思ったのに、いつしか橋のデザインといった本質的でないことばかりを話し合い、「橋をかける以外の方法」があるかもしれないことを考えなくなる。
舟を使ってもいいだろう、河幅が狭いところまで歩いたら渡ることができるだろう。

橋で渡ることが目的ではない、それはたくさんある手段の一つでしかない。

関連記事

  1. ゴールが近ければ(目標勾配)

  2. 環境を、若い頃のように

  3. 記憶はあいまい②〜記憶を作る

  4. 間違った道、方向

    「自分は大丈夫」正常性バイアス

  5. 「百聞は一見に如かず」は常に真ではない

  6. ささいな効率化(改革ではなく改善を)

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)