「問題」という単語の多様性

人が何かの出来事について「問題だ」と発言したとする。
「問題」という言葉には複数の意味があるため、「それってどういう意味?」と深堀りしてみなければ、すれ違いのまま議論が終わってしまうかもしれない。


(問題構造学入門―知恵の方法を考える / 佐藤 允一 (著)の表を一部改変)

1)疑問のことを言っているのか、それとも5)課題のことを言っているのかで、話は全然変わってくるはずだ。
「問題」という単語は便利なのだけれど、その便利さ故に、取り扱いには注意が必要なのだ。

関連記事

  1. その偏りを意識せよ

  2. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    やる気ではなく仕組み

  3. 釘を抜く

    苦労は少ない方がいい

  4. がんばらないで済むように

  5. 思考法その3〜アイスは人を凶暴に?【第三変数の無視】

  6. 昭和のいつ頃だい?

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)