「問題」という単語の多様性

人が何かの出来事について「問題だ」と発言したとする。
「問題」という言葉には複数の意味があるため、「それってどういう意味?」と深堀りしてみなければ、すれ違いのまま議論が終わってしまうかもしれない。


(問題構造学入門―知恵の方法を考える / 佐藤 允一 (著)の表を一部改変)

1)疑問のことを言っているのか、それとも5)課題のことを言っているのかで、話は全然変わってくるはずだ。
「問題」という単語は便利なのだけれど、その便利さ故に、取り扱いには注意が必要なのだ。

関連記事

  1. 運がよくなる法則(ただし、科学的に)(3)

  2. 間違った道、方向

    「俺の意見を支持する情報ばかりだ」確証バイアス

  3. おまえを悩ますのはその外なるものではない

  4. 払うか、取るか(損失回避)

  5. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

    嫉妬心との向き合い方

  6. 間違った道、方向

    推測と実験結果が一致しないなら、それは間違っている。

最近の記事

  1. 2021.01.18

    永遠に準備中
  2. 2021.01.08

    管理すべきは
  3. 新年、鶴、富士山

カテゴリー

読書記録(ブクログ)