パレイドリア

単なる模様に、意味を見出してしまう。
この現象には「パレイドリア」という名前が付いている。

パレイドリア – Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%AA%E3%82%A2

眠ろうとすると、天井の模様がどうしても人の顔に見えてしまい、気になって眠れないとかはこの現象だ。
心霊写真なんかも同様だと思う。月にウサギがいて餅をついている、というのも。

私も経験がある。自宅のトイレの床に、骸骨や悲鳴を上げる人の顔が見えてしまう。
単なる偶然だと頭ではわかっているのに、どうしても気になってしまう。

本来そこにはないパターンを見つけてしまう。経営にもありがちだと思う。

写真は京都の西本願寺の屋根。顔に見えないだろうか?丁髷に髭の、なかなか陽気な人物のようだが。

ちなみに、三点の配置が人の顔に見えてしまうのは「シミュラクラ現象」と言うそうだ。

関連記事

  1. PCは壊れていなくても買い換える(リスク回避)

  2. 業務フロー

    答えが見つからないのなら、問いが間違っている可能性がある

  3. やる気は感情の問題ではない

  4. 有限のシステム

  5. 何を書かないかを考える

  6. 持っている道具が金槌だけなら、全てのものが釘に見える

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)