それは存在しないのか、それとも見えないだけなのか

遠くを見る

「問題?我が社には特にないな〜」と、とある社長から言われた。
かなり昔の話だ。

その会社からコンサルティングの依頼を受けた訳ではないので、
社長の話が真実だったのかどうかはわからない。

問題がないのか、それとも、単に見えてない、見ようとしていないだけなのか。

問題がないというのは、レアな状況

問題がひとつもない企業というのに出会ったことはない。

もしかしたらどこかにそんな幸福な企業が存在するのかもしれない。

でもそれはきっと一瞬のことで、長続きはしない。
環境は移り変わり、どこかで新たな「問題」が生じる。

見えてないことを疑う

問題を見つけるのは難しい。アインシュタインだったか、
問題を見つければ8割は解決だ、みたいな事を言っていた。

見えていない問題を白日の下にさらす。
社長や従業員が見て見ぬふりをしている問題を外部の視点から指摘する。
もやっとして問題に形を与え、言葉や図で示す。

経営コンサルタント(中小企業診断士)の能力とはすなわち、
問題の発見能力の深さと広さ、そしてそれを言語化する能力だと言えるかもしれない。

関連記事

  1. 楽観主義を抑える方法(死亡前死因分析)

  2. 主語の範囲がでかすぎる

  3. 一人だけ抜け出すイメージ

    情報という踏み切り板

  4. 文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

  5. 自分「さえも」客観的に見ることができるか

  6. 思考法その2〜ウチの会社は特殊(内部集団の過剰評価)

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)