間違いを認め、なぜ間違えたのかを突き詰める

間違いを認めるのは難しい。

何があっても自分の間違いを認めない人もいる。
ネットスラングでいうところの「謝ったら死ぬ病」のひとたちだ。

彼らは極端な例だとしても、
自分が間違っていたことを素直に認め、
訂正することは誰にだって難しい。

恥ずかしいし、自分の権威が落ちると思うと怖い。
特に経営者や管理職、コンサルタントなど、
人を指揮する立場であればなおさらだ。

「自分はいままで間違っていました、
 と認めるのは少しも恥ではない。
 別の言葉でいえば、
 今日は昨日より賢くなりました、
 といっているのと同じである。」
ーアレキサンダー・ポープ(英国の詩人)

過ちては改むるに憚ること勿れ

間違いを認め、訂正するのが難しいからこそ、
それを戒めるいろいろなことわざや名言が残っているのだろう。

間違いはすぐにバレてしまう

昔であれば、間違いを認めなくても
「彼が言っているのだからそういうものかな」で済んだだろう。
しかし、ネット時代の今、自分の間違いを認めずにいたら、
相手は「ネットで読んだことと違う、彼は間違えているな」と
簡単に判断できてしまう。
間違いを認めなければ、逆に恥ずかしく、権威も落ちる。
あなたは影で嗤われるのだ。

なぜ間違えたのかを深掘りする

間違いを認めるだけではだめで、
なぜ自分は間違ったのか?まで突き詰めて考えよう。
前提条件が間違っていたのか?
漏れていた情報があるのか?
思考の経路がおかしかったのか?
感情が邪魔をしたのか?
過去のしがらみが判断を狂わせたのか?
誰かに気を遣ったのか?

間違いを認めたあとのこの「検討」こそが、
あなたを「昨日より賢く」するのだ。

関連記事

  1. アイムソーリー法。「謝ったら負け」の非効率

  2. 「ベストを尽くす」のではなく、「競争相手よりうまくやる」を目標に

  3. 文化祭の前日メソッド(忙しいときの考え方)

  4. 困難は分割せよ

  5. 間違った道、方向

    「俺の意見を支持する情報ばかりだ」確証バイアス

  6. 数字、数学、パズル

    母集団は何個?「少数の法則」

最近の記事 おすすめ記事
  1. 講演、セミナー
  2. SWOT分析

読書記録(ブクログ)