干渉効果を避ける。ルールを破るなら理由が必要

レール、分かれ道

矛盾する思考活動を強いられると、思考の効率が低下する。

これを「干渉効果」と言う。
たとえば、「止まれ」の信号が緑色だったり、男性用トイレのマークが赤色だったり、プレゼンテーションで強調したい文字を小さいフォントで表示したりすれば、矛盾が発生する。干渉効果によって思考の効率が低下してしまう。

世の中には標準的な、誰もが考えるルールがたくさんある。
そこでは、止まれの信号は赤で、男性用トイレのマークは黒ないし青で、プレゼンで強調したい文字はフォントが大きい。
ルールを破るのは構わないが、そこには「敢えてルールを破ってまで伝えたい事は何なのか、そしてそれはルールを破らないと伝えることができないものなのか」を考えた上で実行しなければならない。

関連記事

  1. 「テキサスの狙撃兵」成功事例のみを声高に話す

  2. YESでもNOでも、その理由を説明する

  3. 「偽陽性」に注意。良い状態なのにそうでないと判断される危険

  4. アイデアは組み合わせ(USB電池)

  5. 3種類のエラー(スリップ、ミステイク、ラプス)

  6. コントロールできないことをやりがいにしない

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日
  5. パズルを組み合わせる

カテゴリー

読書記録(ブクログ)