できる人はやる。できない人が教える。

「できる人はやる。できない人が教える」
これはジョージ・バーナード・ショーの名言だが、独立した頃からずっとこの言葉を記憶に留めて活動している。

できる人はやる。自分が最も上手くやれると思っているのなら尚更だ。効率も良い。
自分ひとりの手に負えなくなったら?法人を作り人を雇い、自分が作ったシステムに沿って行動させればいい。
もちろん給料を払って。

できない人は?教えることで金を稼ぐ。
一般社団法人を作って、認定資格を作って、
同業者に成功のノウハウを教えようとする。

不動産屋や証券会社の売り込みを断る文句として
「そんなに儲かるなら自分でやれば?」というのがある。
「なんなら融資するよ、差額で儲ければいいよ」とダメおしすれば、
もう営業の電話はかかってこない。

なんちゃら協会とかなんちゃらアドバイザーとかも同様だ。
そんなに儲かる事業なら、社会的に意義があるのなら、なぜ自分でやらない?
法人で、全ての責任を負って事業を営めば、その果実も全て得られるのに。
答えは簡単で、やるよりも教える方が低リスクで儲けられるから、
もしくは、実際には実行するだけのスキルを持っていないか、だ。

例外としては、教師など「教えること」自体を専門としている業種は違うと思う。
小学校教師に、自分で小学生をやれ、と言っても困惑するだけだろうからね。

関連記事

  1. 人は損をしたくない生き物〜プロスペクト理論

  2. 橋のデザインではなく、河の渡り方を考えろ

  3. 情報源の確かさは忘れられてしまう〜スリーパー効果

  4. 「リスクゼロ」なら、それは効果がないということ

  5. それはもう試して、ダメだったんだ

  6. フィルター、ウィルス

    フィルターバブルを回避する

最近の記事

  1. 2022.09.15

    継続すること
  2. 2022.09.13

    必要な孤独

カテゴリー

読書記録(ブクログ)