物事を正しく見つめることは大事だ。
ポジティブすぎても、ネガティブすぎても
物事を見誤ってしまう。

特にやっかいなのはネガティブ(否定的)な
考え方だろう。
熟慮した結果の否定的な思考なら問題ないのだが、
非合理な考え方ならそれは見直すべきだ。
たとえばこのようなもの。

  • 悲観的予測
    根拠がないのにも関わらず悲観的に考える。
    家族から電話があれば「親族が死んだに違いない」と思う。
    上司から呼ばれれば「きっとリストラだ」と考えてしまう。
  • 心の読み過ぎ
    他人の心を過剰に推測してしまう。
    「Aさんから連絡がない、きっと
    自分を困らせようとしているのだ」と、
    本人に聞いてもいないのに勝手に想像し腹を立てる。
  • 自己関連付け
    根拠なしに自分と関連付けて考える。
    相手がこっちを見て微笑みながら誰かと
    しゃべっていれば、「私の悪口を言っているのだ」
    と邪推してしまう。
  • 過度の一般化
    一部の体験をまるでいつもあることのように一般化する。
    たった一度の仕事のミスで「自分は無能だ」「一生このような人生だ」
    「どこにいってもこの調子だ」と落ち込んでしまう。
  • 選択的抽出
    ものごとの悪い面だけを見る。
    良い面も悪い面もあるのに、悪い面だけを強調する。
  • 過大評価と過小評価
    否定的なことは過大に、肯定的なことは過小に評価する。
    相手に褒められているのに「それほどでもない」、
    相手に叱られたら「まったくその通りだ、自分はダメだ」
    と解釈する。

特に疲れているときに、
このような否定的な思考が
現れてくるのでご注意。