「ずれ」は埋まらない

他者との「認識のずれ」は、一生埋まることはない。

話し言葉でも文字でも、どれだけ細かく、具体的に説明したところでその解釈は人により変わる。
「わかった」と相手がそう言ったとしても、その人が自分と同じレベルで「わかって」いるかどうかを確かめる術はない。
「そんなつもりじゃなかったのに・・」は日常茶飯事だ。
(確認テストでもすれば話は別かもだが・・・・)

メンバー間での完全な同期が不可能だとすれば、必要なのは、不可能なことを追い求める行為ではなく、ずれを許容し、多少ずれたとしても機能する行動なり計画だろう。
メンバー相互の認識が異なっていても、全体としてはうまく回る。認識がピッタリ合っていることを前提にしない。
そして認識がずれていることに気づいてもそれに目くじらを立てず、ずれがあれば早めに修正はするものの、完全なる同期は期待しない。

そんな組織がいいなと思っている。

関連記事

  1. コンパスと地図

  2. 変えられるもの、変えられないもの

  3. 物事の「つながり」を意識する〜システム思考〜(県診断協会HP寄稿)

  4. 「心理的安全」を作る、守る

  5. 偶然を許容できない人が、オカルトに逃げる

  6. 「改革が足りない」というマジックワード

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)