周囲の人が行動を予想できるように

一貫した行動をしたいと思っています。

行動に一貫性のある人は、
「芯がある」「ぶれない」などと
賞賛されます。

私は自分の行動になるべく一貫性を
もたせたいと思っています。

このブログももう2年以上、内容はともかくとして
毎日書き続けています。
これを続けられるのも、一貫性を持ちたいと
自分で自分を縛っているからです。

一貫性がある人とは、安心してコミュニケーションできる

言っていることがぶれなければ、
周囲も安心です。
毎回言うことが変わる人の相手をすると疲れます。

  • ある朝は上機嫌、次の朝は不機嫌。

  • だれかの悪口をよく言うのに、
    自分の悪口は少しでも言われると切れる。

  • 名刺に書かれた経営理念が、
    会うたびにコロコロ変わる。

  • 昨日言ったことをもう忘れていて、
    それを突っ込んでも「そんなこと言ったっけ?」と
    惚ける(あるいは、本当に忘れている)

こういう人の相手をすることを想像すると、
それだけで疲れますよね?

逆に、「こう言えば、こう返ってくるだろうな」
と容易に想像できる相手とは、
安心してコミュニケーションできます。

一貫性イコール頑固ではない

一度決めたことは何があっても撤回するな!
と言っているわけではありません。
朝令暮改もいたしかたない場合があります。
ただし、関係者には「変更の理由」を説明できるようにしておきましょう。

理由がわかり、それに納得できれば、
周囲はそこに一貫性を見いだしてくれます。
「意見は変わったが、あの人の芯はぶれていない」と。

メタ視点からのセルフモニタリング

そういうわけで私は、
常に自分の行動や発言をモニターし、
一貫性のないことをやっていないかを確認しています。

完全にできているか?と言えば、
疑わしいことこの上ないのですが。

関連記事

  1. サイコロ、ダイス

    コイン投げで決めてみる?

  2. ものの見方を考える②〜視点、視野

  3. ネットの意見は全体を代表していない

  4. 視点を変える(1)〜過去、現在、未来

  5. とにかく手を付けてみる

  6. 仮面で握手

    共感力は指標であり、必ずしも善ではない

最近の記事 おすすめ記事
  1. 手帳とコーヒー
  2. 一人だけ抜け出すイメージ

読書記録(ブクログ)