すべきことが多いから

忙しい時ほど、回り道が必要だ。

偉大な宗教改革者マルティン・ルターは、
 「今日はあまりにもすべきことが多いから、
 一時間ほど余分に祈りの時間をとらなければならない」
 と言ったという。

1時間も無駄に時間を過ごしたら、多くのことができなくなるじゃないか?違う。
祈りの時間は、心を整理する時間だと言い換えていいだろう。
仕事が多いからこそ、準備・段取りの時間をいつもより多めに取らなければいけない、という意味だと解釈している。

1時間余分に祈ったとして、仕事が2時間早く片付くのであれば、トータルで1時間お得だ。
目の前のことに追われがちだが、立ち止まって考えた方がいい結果につながることは多い。

誰だって、間違った方向に全力疾走はしたくはない。
どんなに時間をかけても、方向を見極めてから走り出さなければならない。

関連記事

  1. モニタリング、コントロールセンター

    コントロールできると思えるかが重要

  2. 意思決定はお腹の空いていない時に

  3. 誰を説得しないといけないのか

  4. 間違った道、方向

    「あいつはおかしい」〜愚かしい人バイアス

  5. 正しさはいくつもある

  6. お金を積み上げる

    チラシやティッシュを受け取るべきか

最近の記事

  1. 2022.05.27

    ネオフィリア
  2. 2022.05.17

    出世してね!
  3. 2022.05.16

    痛みと苦しみ

読書記録(ブクログ)