すべきことが多いから

忙しい時ほど、回り道が必要だ。

偉大な宗教改革者マルティン・ルターは、
 「今日はあまりにもすべきことが多いから、
 一時間ほど余分に祈りの時間をとらなければならない」
 と言ったという。

1時間も無駄に時間を過ごしたら、多くのことができなくなるじゃないか?違う。
祈りの時間は、心を整理する時間だと言い換えていいだろう。
仕事が多いからこそ、準備・段取りの時間をいつもより多めに取らなければいけない、という意味だと解釈している。

1時間余分に祈ったとして、仕事が2時間早く片付くのであれば、トータルで1時間お得だ。
目の前のことに追われがちだが、立ち止まって考えた方がいい結果につながることは多い。

誰だって、間違った方向に全力疾走はしたくはない。
どんなに時間をかけても、方向を見極めてから走り出さなければならない。

関連記事

  1. 3つの制約条件

  2. やる気は感情の問題ではない

  3. 故きを温ねて

  4. 詭弁その2〜誤った二分法、権威論証

  5. 富を軽蔑しない(利益をしっかりと出す)

  6. 「大幅値下げ」の行動経済学的意味付け(アンカリング効果)

最近の記事

  1. 業務フロー
  2. 2022.09.28

    活字の舟

カテゴリー

読書記録(ブクログ)