矛盾したなら前提を疑え

「ヒントをあげるよ。矛盾は存在しない。
矛盾にぶつかったら前提を確認するんだ。
どちらかが間違っているとわかるから」
ー「肩をすくめるアトラス」アイン・ランド著

この長大な小説の作者のように「矛盾は存在しない」と言い切れるほどの確信はない。
ただ、矛盾ではないものを矛盾だとして思考停止していることは、かなりあるのではないかと思っている。

矛盾に見えたとしたら、遡って前提を確認する。前提が間違っているのならそれを修正する。
すると、矛盾は矛盾でなくなる。
「どっちもつかず」が「どちらも実現」に、
「トレードオフ」が「win-win」に。

仕方がないと諦める前に、前提を疑う努力をしよう。
そうすれば、矛盾の「先」を考えることができるから。

関連記事

  1. なんかムカつくを「言語化」してみると

  2. シンプルなままにしよう

    複雑さの両岸にある単純さ

  3. 何を書かないかを考える

  4. 今がずっと続くだろう?(プロジェクションバイアス)

  5. 複数のアイデア、結合、ひらめき、多様性

    自分の意見は、知らないうちに変化している

  6. アンカーポイントの「打ち方」

最近の記事

  1. 2024.07.16

    今はもうない
  2. 2024.07.05

    二拠点生活

読書記録(ブクログ)