判断する時間を減らす(色つきの鍵に変える)

自宅の鍵と事務所の鍵の形状が似ており、毎回「あれ?どっちだっけ」となってとりあえず試す→間違い、ということが続いていたので、鍵屋で色つきの合い鍵を作りました。(一個800円くらいで作ってくれます)

 

IMG_4361

これで、真っ暗闇でもない限り鍵の識別が一瞬で行えます。

かつてはマーカーで塗装していたのですが、すぐに剥がれてしまい元の木阿弥に。
最初から色のついた鍵であれば、塗装が剥がれることもありません。

color-key

わたしは、「無駄な時間」の存在が創造的なアイデアや人生の豊かさに価値をもたらすと信じており、効率化一辺倒の生活は味気ないと思っています。

ただ、これは別。無駄にも種類があり、鍵の識別にかかる時間なんてのは、たとえ数秒とはいえ「不必要な無駄」でしょう。

「不必要な無駄」を減らし、「必要な無駄」の時間を豊かにしていきたいものです。

関連記事

  1. 仮眠の効果

  2. 人と道具とのインターフェースにこだわる(ペン:LAMY Safari)…

  3. 付せんの正しい剥がし方

  4. 交渉の技術(1)〜おねだり戦術

  5. 交渉の技術(2)〜今後のお付き合い

  6. アイデア出しに使える「Google画像検索」

最近の記事

  1. 2023.02.01

    東京でも7位

カテゴリー

読書記録(ブクログ)