非合理の論理

昔々、サラリーマンをしていた頃の話。

パートナー企業との会議の席だ。
いつもは冷静かつ合理的な上司が、会議の途中から気が触れたように怒鳴り散らすのを見て、驚いた。
会議は終始上司のペースで進み、当社にとって有利な条件を得ることができた。

会議が終わった後、上司に「今日はいつになく激しいですね」と聞いた。いつもの冷静で合理的な上司ではなかったですねと。
彼はこういった。

「論理的に考えた結果、この状況では非論理的に振る舞うのが、もっとも合理的であると考えて、そうした」

そう、演技だった。
相手が論理的な説得が通じる相手ではない、また、論理で詰めればこちらの歩が悪そうだった。
だから敢えて非合理なことを言ったと。「いい結果を出せただろう?」と、上司は笑っていた。

そういうテクニックもあるのだなと思った。今のところそれを使う機会に恵まれない?が、
いつか追い詰められた時に使おうと、心の棚の奥の方にしまっている。

関連記事

  1. 事務所の「色」をコントロールする

  2. カフェでやった方がいい仕事、やらない方がいい仕事

  3. 書きたくないときもある(ライターズブロック)

  4. スタンディングワークを試す

  5. 通勤を冒険に

  6. アイデア、ビジネスプラン、歯車

    プリンター、FAX、コピー

最近の記事

カテゴリー

読書記録(ブクログ)