Windows8雑感

先日、Windows8の開発者プレビュー(英語版)が公開され、誰でも無料でダウンロードし試用ができるようになりました。

私も早速試してみました。

新しいログイン画面は、シンプルというか大味というか(笑

ログイン直後の画面は、まるで違います。一つ一つのタイルのようなものがボタンであり、クリックするとアプリケーションが起動します。

拡大

デスクトップタイルをクリックすると、見慣れたウィンドウズのデスクトップ画面が現れます。

Excel2010を起動しました。こうして全画面で見ると、Windows7とまったく変わりませんね。

通常の業務利用をしている限りでは、操作に違和感はありません。

 

エクスプローラにも、Office2007/2010と同様のリボンインターフェースが搭載されました。右クリックを使わずにコピー&ペーストができます。何かと評判の悪いリボンインタフェースですが、僕は慣れの問題だと思っていて、実際なれてしまいましたのでこの変化は大歓迎です。

スタートボタンを押すと、最初のタブレット風画面に戻ります。

タイルにExcelやWordのボタンもありますが、見た目がよくないですね・・・これまで利用していたソフトで、Windows8のボタン(タイル)未対応のものはこんな感じのちゃちな表示になりそうです。
Windows8の正式リリース時には、専用のかっこいいボタンが用意されるのでしょうか?

結局、スタートボタンを押したとき表示される「アプリ一覧」の表示方法が変わっただけで、大きな変化ではないように思います。(実際、内部バージョンも6.2とマイナーアップグレードを示唆しています。VISTAは6.0、Windows7は6.1です)

タブレットとしての利用を考えている方以外は、現時点ではWindows8の動向をあまり気にする必要はないでしょう。特に仕事でPCを利用しているかたは急いで8にアップグレードしなくてもいいと思います。(了)

関連記事

  1. ナッジ(1)〜デフォルト設定の効果

  2. 悩んだら、人に聞いてもらうよりまずは書く

  3. 連絡なしにキャンセルする予約客を減らす方法

  4. 時間、歯車

    仕事の見積もりは、想定時間の2.66倍で

  5. 言葉に力がある

    書き続ける習慣

  6. どうしても眠れないシーンで(カフェロップ)

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)