散歩に出かけよう

出張、旅行

どうしても仕事が手につかない、書類の作成が進まない。
そんなときは、身体を動かそう。

身体を動かせばやる気が出てくる

ネットで趣味の情報を見たり、SNSで友人達の生活を見て、まったくやる気が出てこない。むしろ低下している気がする。
少なくとも私はそうだ。
それくらいなら、事務所の周り(ちょうどよいことに、目の前に舞鶴公園がある)を歩いたり、コンビニまで買い物にでかける。
事務所内にあるトレーニングマシンで筋トレをするのもいい。

身体を動かすことで脳の血流が増えるのか、なぜなのかはわからないけれど、
少なくともやる気(そんなものが存在するのなら、だが)が出てきて、困難な仕事にも取りかかれるようになる。

3時間の使い方

ある本によれば、人間が一日に集中できる時間というのはせいぜい3時間程度だそうだ。
一方、一日の労働時間は8時間ある。8時間机に座っていたとしても、集中して仕事できる時間が3時間だ。
ならば、仕事中の仮眠や外出に目くじらを立てる必要もないなと思い、実際、当社ではあまり細かいことを言わないようにしている。

眠いのを我慢したり、やる気が出ないのに無理をして、
机の前でパソコンにただ向かっているだけの時間こそ、本当の意味で非効率だと思う。

関連記事

  1. 交渉の技術(3)〜アンカリング

  2. 睡眠と運動(県診断協会HP寄稿)

  3. 毎週土曜日はタスクチェック(週次レビュー)の日

  4. ナッジ(2)〜フィードバック、インセンティブ

  5. ディスコミュニケーション

    いらいらしない会話のために。「グライスの会話の公準」

  6. チェックリストの活用方法(県診断協会HP寄稿)

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)