チェックリスト(1)〜ダブルチェックはどこまで有効か?

失敗が許されない作業については
チェック担当を二名にする、
いわゆるダブルチェック体制が
取られることがある。

二名でチェックすれば間違いない、
と思われるかもしれないが、
その効果は単純に1+1=2には
ならないことが知られている。

社会手抜きの罠

綱引きをしているとき、
ほとんどの人は全力を
出していないそうだ。

充分な人数がいれば、
「自分が手を抜いても結果は変わらない」
と考え、手を抜くのだろう。

これは企業や社会でも広く見られ、
「社会的手抜き」「リンゲルマン効果」と呼ばれている。
もちろん、ダブルチェックも例外ではない。
もう一人チェック担当が居ると思えば、
自分のチェックがおざなりでも構わないだろう・・
と思ってしまわないだろうか?

異なる業務の人間でチェックさせる

ダブルチェックをする場合、担当者は、
できれば異なる部署の人間が良い。
同じ様な業務をやっている
同じ部署の人間であれば、
考え方が似通っているために
間違うところも同じになる
可能性が高いからだ。

当社のコンサル先には、
ダブルチェックよりも
「ペアチェック」を勧めている。
詳細は次回のブログで。

関連記事

  1. やる気はあとからついてくる(作業興奮)

  2. 単調な文章を避ける(類語辞典の活用)

  3. じっくり話合う

    ミーティング・会議という名称は大雑把すぎるのでは

  4. 時間、歯車

    仕事の見積もりは、想定時間の2.66倍で

  5. 機械にできることは機械にやらせる

  6. 事務所の「色」をコントロールする

最近の記事 おすすめ記事