予実対比にBar in Bar グラフ

予算と実績を対比するとき、Bar in Barグラフを使っている。

グラフの中にグラフを埋め込んだもので、青い部分が予算、オレンジの部分が実績。
予算を達成したかどうかが視覚的にすぐ理解できる。

通常は棒グラフが横に並んだ以下のようなグラフを作成すると思うが、Bar in Barグラフの方がわかりやすい。

#Bar in BarグラフはBIツールのTableauで作成した。

関連記事

  1. 仕事におけるポジ・ネガ比率(ロサダライン)

  2. 時間、歯車

    制約があってこそ、アイデアが生まれる

  3. 意志力を理解し、使いこなす。

  4. 「先ほども申しましたが・・」と言う意味ってある?

  5. 専門家は「精度の高い、知識体系のインデックス」を持つ

  6. ルールを知る

    Google画像検索を資料作成に活用する(再利用が許可された画像)

最近の記事

  1. 2020.05.22

    iPod Touch

カテゴリー

読書記録(ブクログ)