予実対比にBar in Bar グラフ

予算と実績を対比するとき、Bar in Barグラフを使っている。

グラフの中にグラフを埋め込んだもので、青い部分が予算、オレンジの部分が実績。
予算を達成したかどうかが視覚的にすぐ理解できる。

通常は棒グラフが横に並んだ以下のようなグラフを作成すると思うが、Bar in Barグラフの方がわかりやすい。

#Bar in BarグラフはBIツールのTableauで作成した。

関連記事

  1. ホワイトボード分割。発散と集約

  2. 意思決定の「機会」をいかに減らすか?

  3. その言葉を置き換えてみてよ

  4. チェックリスト

    タスクが発生したら、即座に登録

  5. ピークエンドの法則〜重要なのは「頂点」と「終わり間際」

  6. ワンページ、ワンインフォメーション

最近の記事

  1. 2019.08.22

    地域のお祭り
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 植物の成長
  4. 2019.08.15

    10年前の今日

カテゴリー

読書記録(ブクログ)