モチベーションの源泉は三種類(人間系、達成系、プロセス系)

人によって、モチベーションの源泉は3種類あるそうです。
人間系、達成系、プロセス系の三つ。

人間系(コミュケーション重視)

誰々の為に・・とか、皆で喜びを分かち合いたい、誰かに褒められたい、そんな動機からモチベーションが湧いてくる方。
チームの皆が気持ちよく仕事ができることを重視する。

達成系(結果重視)

結果が全て、仕事の目的が達成されることがモチベーションに繋がるタイプ。
人間関係にひびが入っても、手段が褒められるものでなくても、とにかく目的の達成を重視する。

プロセス系(手順重視)

決められた手順通りにやることに喜びを見いだす。
結果がだせなくても、手順通りに作業をしていれば問題ないと考えている。

実際はグラデーション

人間が上記の3分類に単純に分かれるかというとそんなことはなく、状況やチームメンバー構成などによって、上記三つの割合が変化する・・・というのが実際のところだろう。

とはいえ、自分が重視する「モチベーションの源泉」の傾向はあるはずだ。
人間系、達成系、プロセス系・・・あなたはどのタイプに「やる気」を感じますか?

関連記事

  1. その言葉を置き換えてみてよ

  2. 単調な文章を避ける(類語辞典の活用)

  3. いい仕事をするために〜睡眠編

  4. グラフの一部を強調する(読み手の負荷を減らす)

  5. 時間の使い方(午前:頭、午後:手、夕方:体、夜:内臓)

  6. 仕事におけるポジ・ネガ比率(ロサダライン)