無敵の人

安倍元首相が凶弾に倒れた。犯人は四十代男性。

「無敵の人」という言葉がある。ウィキペディアによれば、「社会的に失うものが何も無いために犯罪を起こすことに何の躊躇もない人を意味する」ネットスラングだそうだ。
海外では「インセル(インボランタリー・セリベイト、不本意な禁欲主義者)」、日本語で言えば「非モテ」の方が近いが、同様に失うものがなく、何をするかわからないという危険性が指摘されている。

犯人が「無敵の人」だったのか、「社会的に失うものが何も無かった」類の人かどうかはまだわからない。

しかし、この事件に時代とか社会とかの過剰な意味を持たせる必要はないとも思う。
単にいつの時代でもいる一人の狂人の犯行で、それが(不幸なことに)たまたま成功したというだけでしかないのだと。

この手の事件の直後には、メディアや知識人によって「現代社会の闇が」などという言説が繰り広げられるが、犯人と似たような境遇にあり、同じような属性を持つ多数の人は、なんの犯罪も犯さずに日々真面目に生きていることを忘れてはならない。

関連記事

  1. 事務所を移転しました。

  2. 地方創生テレワーク推進運動 Action宣言

  3. 休暇

    【お知らせ】ゴールデンウィーク期間中の営業

  4. 6月から下半期

  5. 新年、お祝い、鶴、扇、富士山

    2016-2017年末年始休暇のお知らせ(12/29-1/4)

  6. 4/15 AM 電話回線一時不通のお知らせ

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)