中小企業診断士を雇用する準備

3月4月は本当に忙しかった。
この記事を書いている27日もまだ忙しい、
最後の追い込みといったところか。

あまりに忙しく、趣味の読書もままならない。
ありがたいことに仕事は途切れなく続いており、
締切がある仕事が重なるとすぐに稼働率が100%を越える。
人員増のタイミングなのだろうと思う。

雇用について考えていること

次に雇用するなら、中小企業診断士資格を
持っている方にしたいと前から思っていた。

経営に関する基礎知識を持っていることと、
試験勉強を続けるだけの能力があることを担保できるからだ。

雇用する際は、従業員全員(といっても一人だが)と
面談し、「応募者と一緒に楽しく仕事ができそうか」を
判断してもらおうと思っている。

私は自分の「人を見る目」をまったく信用していない。
心理学の本ばかり読んでいると、誰でもそうなるだろう。

なので、筆記テストや従業員の目線など、
自分の判断に頼らない項目で採用ができる
制度にしたいと思っている。

とはいえ、この忙しさが一段落しないと
その制度を考える時間すらないのではあるが。

関連記事

  1. 引っ越し作業

  2. パズルのラストピース

    君の名は

  3. 新年、鶴、富士山

    2019年もよろしくお願いいたします。

  4. 別れ、さようなら、霊体、天国

    いつかお墓に入るまで

  5. 2019年仕事始め

  6. 2016年が暮れゆく

最近の記事

  1. 多忙なビジネスマン
  2. 嫉妬、嫉み、羨望、比較

カテゴリー

読書記録(ブクログ)