第5期の終わりを増収増益で

当社は11月期末です。法人化後、第5期の期末。
当社に仕事を依頼いただける皆様のおかげで、
無事増収増益で終わることができそうです。

事務所移転

今年は事務所の移転を行い、以前の3倍のスペースを確保できました。
通勤時間等、スタッフの生活を変えるのは望ましくないため、以前の事務所からすぐの場所を選定しました。

当初は「こんな広くてどうやって使うんだ」と思ってましたが、
1年も経たずに手狭になったのを見ると、スペースってのはあればあるだけ使うものだなと嘆息します。

スタッフはもうすぐ二桁に

また、スタッフも増員しました。
第四期末時点(2018年11月末)には2名だったのが、現在では9名です。
1月にもう1名増員予定ですので、いよいよ2桁の人員で経営をすることになります。

もうそろそろ組織化が必要になるころです。
あまり堅苦しいのは好きではありませんので、なるべく先延ばししたいところですが・・そうもいかないのでしょう。

システム投資

数が多くなれば、情報共有などいろいろな問題も出てきます。
期末に少し大きなシステム投資を行いました。
外部のシステム開発業者に任せず、全て自分で設計しています。

ただ自分でやりたかっただけ、というのもありますが、
変化の大きい当社のビジネスにおいて、いちいち業者に連絡しないと
修正できないシステムなど意味がない、故に、自社で作らないといけない。
幸いにして今は良いクラウドサービスがあります。
自分が第一線で働いていた頃(2000年代中盤)から比較すれば、夢のような環境です。

これにより、スタッフの業務が少しでも楽になり、
笑顔で働ける環境を促進できればいいなと思っています。

もはや全てを自分で把握できていない

この規模になると、全ての業務を自分で把握することはもはや不可能です。
業務によっては社長の私よりもスタッフの方が余程詳しいし、
自分が直接会ったことのないクライアントも増えてきました。

「全てを自分で監督していないと気が済まない」社長も居ますが、
私はあまり気になりません。むしろ楽になって嬉しい。

スタッフ増員もここらで一段落。
新しいメンバーが入れば、既存のスタッフも新規の方もそれぞれ
ストレス(悪い意味ではなく)がかかると思いますので、途切れずにやるのは問題があると思っています。
来期はこのメンバーでどこまでやれるか、業務プロセスの改善に重きを置く予定です。

関連記事

  1. 車を使わず、公共交通機関で移動する理由

  2. 歴史に参加する

  3. 休暇

    2019年6月14日は当社公休日です

  4. ウェブサイトをリニューアルしました。

  5. 手帳とコーヒー

    コーヒーの魔力

  6. 事務所ビルのライトアップ(すべては繋がっている)

最近の記事

  1. 新年、鶴、富士山
  2. 2019.12.05

    カモは誰だ?
  3. 撮影、カメラ、草原

カテゴリー

読書記録(ブクログ)