知らないということを知っているか

あなたはそれを本当に知っているのか?

“What gets us into trouble is not when we don’t know. it’s what we know for sure that just ain’t so.”
やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに知っていると思い込んでいることだ。
マーク・トウェイン

知っていると思っていたことが、実はもう一段階深い領域があって驚くことがある。
いざブログに書こうとすると、理解が不十分だった部分がたくさんあり、再学習を余儀なくされることもしばしば。

自分は知っているつもりだった。でも、本当は知っていなかった。
あるレベルまで理解して「知っている」と思い込んでいただけだった。

長年のあいだ、仕事としてやってきた「経営コンサルタント」という領域でも、毎日のように新たな発見がある。
知っていると思い込んで、学習することを怠ったら、一段上からの風景を見ることができない。いや、上に階段があることにすら気付けない。

「おれはこの分野に詳しいんだ」と威張ることのないよう、常に謙虚な気持ちでいたい。
マーク・トウェインが言うような、知らないのに知っていると思い込む、やっかいな人物にならないように。

関連記事

  1. いつまでたっても先生に見えない

  2. 「昔は良かった」本当に?

  3. 学ぼうという姿勢

  4. いつかはそこへ行ける

  5. 見えないけれど、確かにある

  6. 誰かの正義は誰かの悪

最近の記事

  1. 嫉妬、嫉み、羨望、比較
  2. 休暇
  3. 旅行、出張

    2019.10.08

    東京出張

カテゴリー

読書記録(ブクログ)