知らないということを知っているか

あなたはそれを本当に知っているのか?

“What gets us into trouble is not when we don’t know. it’s what we know for sure that just ain’t so.”
やっかいなのは、何も知らないことではない。実際は知らないのに知っていると思い込んでいることだ。
マーク・トウェイン

知っていると思っていたことが、実はもう一段階深い領域があって驚くことがある。
いざブログに書こうとすると、理解が不十分だった部分がたくさんあり、再学習を余儀なくされることもしばしば。

自分は知っているつもりだった。でも、本当は知っていなかった。
あるレベルまで理解して「知っている」と思い込んでいただけだった。

長年のあいだ、仕事としてやってきた「経営コンサルタント」という領域でも、毎日のように新たな発見がある。
知っていると思い込んで、学習することを怠ったら、一段上からの風景を見ることができない。いや、上に階段があることにすら気付けない。

「おれはこの分野に詳しいんだ」と威張ることのないよう、常に謙虚な気持ちでいたい。
マーク・トウェインが言うような、知らないのに知っていると思い込む、やっかいな人物にならないように。

関連記事

  1. 中小企業にはR&Dが足りない

  2. 事務所で美味しいコーヒーとお茶を

  3. 人生はマラソンではない

  4. オーストラリア行(ケアンズ、キュランダ、デインツリー)

  5. 「家族」「仲間」という言葉を使わない理由

  6. 自分の手近の義務を

最近の記事

  1. 2021.05.17

    ブログ再開
  2. 2021.03.26

    人に会う
  3. 2021.03.25

    2+2=5

カテゴリー

読書記録(ブクログ)