募金をして忘れる。そこからは自分の事をやる。

京都アニメーションに募金をした。
わずかな金額ではあるが。

今回のような事件に限らず、
災害やテロなどがあれば、悲しい思いに包まれる。
何かしてやりたいとも思う。
でもできることは限られる。

とはいえ、ずっとそのことについて考えているとこちらの気も塞ぐ。
悲しい気持ちで仕事をしてもよい結果は出せない。

現地に出向いてボランティアに行くことなんてできない。そういうことが自然にできる人は尊敬する。
ただ、私はいちおう零細企業の経営者なので、日々細々とした業務に忙殺されている。
会社のことを放り出してボランティアに行けば、すぐに会社が傾いてしまうだろう。
#この数年で、まともに休めた日なんて数えるほどしかない。

そこで、災害やテロが起きたときは、すぐに募金するようにしている。
赤十字に募金することが多い。今回のように対象となる企業・団体自体が
募金を受け付けているのであれば、そこに直接募金する。

そしてこのことについてはきっぱり忘れる。関連する記事も積極的には見ない。
これ以上の貢献はできないと割り切る。SNSでニュースを引用しようが、お悔やみを述べようが、
後日の経緯を追っかけようが、それは当事者にとって何の影響もない。

私にできることと言えば、きちんと働いて、納税して、消費して社会に貢献することだ。
冷たいと思うだろうか?
残念なことに、自分の力でどうにもならないことを考え続ける余裕があるほど、自分の能力は高くはない。
目の前のことに集中しなければ、目の前のことすら片付けられない、小さい人間だと思う。

関連記事

  1. 解決できないこと

  2. 感情は忘れない

  3. ただし自分を除いて

  4. 「認められたい」承認欲求のメリットとデメリット(1)

  5. 曲がりくねった道

    しつこく考え、問い続けること。

  6. 過去を踏まえ、遙かな未来を見据え、目先に集中する

最近の記事

  1. ディスコミュニケーション
  2. 2020.07.05

    V-RESAS

カテゴリー

読書記録(ブクログ)