社長の姿勢

経営コンサルタント一倉定の名言。

「いい会社も悪い会社もない。いい社長と悪い社長がいるだけだ」

中小企業は社長で決まる。良くも悪くも。
社長が悪ければ(ここでいう悪さとは、人間的な要素だと思っている)、どんなに制度を整えようと、給与を上げようと、良い会社にはならない。

人間的に尊敬できない社長についていきたいだろうか?
他に働くところがない時代ならまだしも、この人手不足の折、えり好みしなければ仕事はいくらでも見つかる。

今が好景気かどうかはともかく、もっと不景気だったころがある意味ではうらやましい。
社長は、会社は、いつのまにか「従業員を選ぶ」ものではなく、「従業員から選ばれる」ものになってしまった。

なかなかキツイものがある。

関連記事

  1. 誰とでも丁寧語で話す理由

  2. オーストラリア行(ケアンズ、キュランダ、デインツリー)

  3. 触れる時間が長いものにはお金をかける

  4. 自分一人のせいではない、すべてではない、ずっとではない

  5. 都会暮らしと田舎暮らし

  6. 何でもは知らない。知っていることを増やす

最近の記事

  1. 2020.01.16

    社長の姿勢
  2. 頭の中のものを外に出す
  3. 2020.01.13

    利益の再投資

カテゴリー

読書記録(ブクログ)