• IT

スペック厨

パソコンのスペックは高ければ高いほどいい。
もう20年以上昔、大学4年のころ、やっと就職が決まった。当時は就職氷河期と言われていたが、なんとかIT企業に内定をいただいた。
これからはパソコンをたくさん触ることになるだろう、慌ててローンをくみ、パソコンを買った。

当時としてはハイスペックなペンティアムプロ200MHz(打ち間違いではない)、メモリ64KB128MB(打ち間違いではない)だったのを覚えている。
余談だが、このPCには当初Windows95が入っていたが、私のマニア度が高まるにつれLinux(Slackware3.0)に載せ替えられて、最終的にはサーバーとして余生を全うすることになる。

当時から「多少高くついてもハイスペックなものを買う」ことを意識していた。
そのほうが長く使えるし、後悔も少ないだろう、と言う判断だった。
「もっと性能があれば」と悔やんだり、速度が遅くてイライラする、それで仕事のパフォーマンスが悪くなるなんてもったいない。

これまた余談だが、当社のスタッフは全員SSD搭載のPC、ロジクールの高性能マウスとキーボード、27インチHDモニタを2〜3台装備している。
コストではなく費用対効果で考えている。この程度の投資でスタッフの仕事の能率が上がるのであれば、安いものだ。

あれから20年以上、ほぼ毎日パソコン(今はマックだが)を使って仕事をしている。
基本的にはワードやエクセル、パワーポイントを使う作業なので、正直それほどの性能が必要なわけではないのだけれど、あるに越したことはない。
時々データ分析とか動画制作とかをすることがあるが、使っているパソコンが持つ、恐ろしい性能を改めて実感する。

会社の設備を選択する決定権は自分にある。なんせ社長なのだから。
そして、ここは金を惜しむところではない。

関連記事

  1. 当社のITツール活用(7)〜 そのメリットに比べ、コストは安い

  2. 【Mac版オフィス2016】自動ハイパーリンクをオフにする

  3. 【Mac】Touchbar雑感

  4. 【Mac】計算機で履歴を表示する

  5. 複数のPC仕事を同時にこなす(仮想デスクトップ、Mac編)

  6. エクセルの小技(5) シートの移動

最近の記事

  1. 2022.12.07

    世情に疎い
  2. 2022.12.05

    旦那のように
  3. 2022.12.02

    散歩
  4. 2022.11.30

    思えば遠くに
  5. 2022.11.29

    暗黙の信頼

カテゴリー

読書記録(ブクログ)